フェア予約

《仲間がいること》

2015.10.28 Category:

おはようございます。
萬屋本店コンシェルジュの水間です。
もうすぐ11月。
私の出身地である長野では、そろそろ初雪が降る頃です。
鎌倉は避寒地と言われるだけあって温かく、
この時期でもサーフィンをしている人たちがいることに
驚き、感動しています。
これから鎌倉の木々の紅葉も始まり、
更に美しい街並みに移り変っていくことと思います。

さて、先日の事務所でのある出来事。
スタッフ同士のやり取りで、
仲間の大切さ、人の愛情の有難さを
感じる出来事がありました。

弊社のスタッフが少し体調を崩した時の事。

休み明けに出勤した彼のデスクに、
手作りのお弁当が置いてありました。
体調を気遣って作ってきたのかな?と聞いたところ、
別のスタッフからの差し入れだったそうです。

嬉しそうに、美味しそうに、
その手作り弁当を食べるスタッフの姿を見て、
仲間がいること、愛情があること、
そんなことの有難さを改めて感じました。

人をもてなす仕事に携わる一人として、
常に目線をお客様に向けて、
関わる人たちに向けて、
周りをもてなせる人で在りたい。
そう思います。

この人の為に。
この人の笑顔が見たいから。
この人に幸せでいてほしいから。
だから頑張れる。

そんな想いが実となり花となり、
まずは身内から、人の幸せに貢献できる、
そんな人に、私もなっていきたい。
まだまだ未熟者ですが、
そんな仲間、そんな職場に恵まれていることに感謝です。

ベンチマーク先に見学 長野の藤屋御本陣

2015.10.15 Category:

こんにちは、鈴木です。

先日の定休日を利用し、ベンチマークしている場所の一つ、長野にある藤屋御本陣にメンバーを連れて行ってきました。
藤屋御本陣は、善光寺のすぐ目の前にある、もともと旅館営業をされていました。
有形文化財に指定されている建物の良さを見事に活かし、業種転換をされ、レストランとして大繁盛しています。

 
image
 

建物を活かすこと
御本陣の名前を引き継ぐこと
接客サービスの端から端までの考え方

そんなことをメンバーと共有して、
萬屋本店に活かしていきたいと思い、お邪魔してきました。

完成後のイメージと重ねながら、
どうありたいのか?
ということをメンバーと共有できたことは、
とても大きなことでした。

どんなことをするのか、
どんなものを提供するのか、

これらの前に、
どう萬屋本店としてありたいのか
ここから始めていきたいと思います。

image

萬屋本店で事業をする想い(鈴木)

2015.10.12 Category:

こんばんは、萬屋本店の鈴木です。

昨日、萬屋本店で結婚式を検討したいという方の打ち合わせをさせていただきました。
このようなお客様との接客は一年ぶりでした。
社内向けの発信が中心になる中、
お客様に直接ご案内させていただく機会をいただけたことで、
改めて感じることが多くありました。

「5年以上前から、鎌倉に休みの度に来ては、散策をし、
どこか出店できる場所はないかと探していたこと」

「プロデュースという形態を中心にやってきていたが、
お客様にいつでも帰ってきてもらえる場所を自分たちで創りたいと決意し、
その一歩を踏み出したこと」

「鎌倉に本社を移し、鎌倉の事業を社の中心に決めたこと」

「萬屋本店の名前をそのままお借りすることで、その歴史に恥じないお店を創る覚悟を持ったこと」

このような想いを持って事業をさせていただいていることに、
改めて気づかされました。

まだまだ未熟な会社でありますが、
お客様一人一人に幸せになってもらいたい、
関わる方々に貢献したい!と
その想いを強く持ち、これからも精進してまいります。

改めてこのような想いに気づかせてくださり、
お役立てできる機会をいただいたお客様に感謝です。

0059_IMG_00491502

ミュージックホール 工事風景

2015.10.09 Category:

こんにちは。コンシェルジェの金谷です。

建物内の解体工事も無事に終わり、

土日に休むことなく、急ピッチで工事が進んでおります。

 

写真は、酒蔵だったものがミュージックホールになる建物。

壁や柱はそのまま残し、木の温かさがあり、

天窓から一筋の光が射す、温もりあるホールになります。

 

ここで、みなさまに結婚を承認していただく人前式、

もしくはキリスト挙式や神前式も執り行うことが出来ます。

 

春の完成が楽しみですね。

新郎様新婦様に一番近い存在

2015.10.07 Category:

おはようございます。
萬屋本店 グランシェフの尾崎です。

先日都内へ、ヘアメイク・アテンドのパートナーさんのお店にお伺いしてきました。

結婚式の大好きな私は、
ふだんは接することの少ない、多業種のパートナーさんのお話を聞くことは、
新鮮であり楽しい時間です。

でも、ただ楽しいだけでなく
結婚式当日までの新郎様新婦様とのコミュニケーションや、
結婚式当日の様子・空気感など、
料理人の自分では見えない緊張感や楽しい幸せな雰囲気を感じられて、すごく勉強になりました。

この場面では、「新郎様新婦様はこんなことを考えていらっしゃるんだなぁ」
あの場面では、「こんな想いでおられるんだなぁ」

結婚式当日まで、
新郎様新婦様の一番近いところで見守っていらっしゃるヘアメイクやアテンドの方たちだからこそ感じられる、
そんなお話を直にお聞きできたことは
本当に大きく、

結婚式当日の、
そういう新郎様新婦様の想いを感じ・考えながら
お料理の準備もしていきたいと思います。

S__5030398

萬屋本店でしか表現できないもの

2015.10.05 Category:

こんにちは
おもてなし係の角谷です

いつの間にか見上げる空はすっかり秋。高く、済んだ空を見上げると
月日の経過の早さを感じます
日本には四季があるので夏の暑さや冬の寒さがあるからこそ感じる季節の移ろい

その時その時を大切にしたいものです

先日「萬屋本店でしか表現できないものが集まるセレクトショップでありたい」ということを

ブログでもご紹介させて頂きました
和装クラシック 結婚式のイメージ写真

 

日々私たちはその「萬屋本店でしか表現できないもの」とは何なのか
進化していく過程の中でも更に考え、アイデアを出し続けています

 

歴史が紡いだ萬屋本店が醸し出す空気や建物
人々がこの萬屋本店に行き交い、多くの方々の想いや魂が息づいた場所はもちろんですが
そこに私たちの今までの経験やお客様の声を聞き
もう一歩エッセンスをプラスして、
なかなか考えつかないけど、お客様が、「わぁ素敵!!」と歓声をあげ、

感動していただけるようなアイテムたちを厳選して取り揃えています

アイテムというと目に見えるものですが
そこには大事な「人」がいます

結婚式を共に創り上げるコンシェルジュ
「その時」を瞬時に残し続ける「カメラマン」

197560

巡り合う衣裳や、お客様を輝かせるスタイリングを創る衣装や美容のスタッフ

 

197558

お客様がまだ見ぬご自身の結婚式を任せることができるかは
その「人」によるのだと
自分がお客様だったらそこが一番だと思います

だからこそ常に追求をし、高め合うそんなチームでありたいと思っています

目線合わせの旅

2015.10.02 Category:

こんにちは。
萬屋本店コンシェルジュの水間です。

先日、代表の宮腰と萬屋本店の内装やインテリアデザインのイメージや方向性を考えるに当たり、
目線合わせも兼ねて、神戸に視察に行ってまいりました。

神戸は、山と海に囲まれて、坂が多く、歴史的な建物が保存されていて、
洗練されたイメージですが、
街の方々が古くからある貴重な建物を残すこと、伝えていくことに、
情熱と力を掛けていることを感じました。

異人館や旧居留地、北野の住宅街など。
永い間、そこに在って、神戸の街を見守ってきた建物を多く見学してきました。

代表と同じものを見て、触れて、感じることで、
作り手と語り手に相違のない、調和のとれた物が創れると、確信が持てる時間となりました。

良い物を見て、インスピレーションをもらえる、有意義な時間を過ごし、
これから出来上がっていく萬屋本店の世界観が明確になってきたことが嬉しく、
これをどうお客様にお伝えできるか、どう現場に生かしていけるか?をワクワクしながら考えています。

萬屋は、日々日々工事が進み、ここで出来ること、表現したい事も日々日々明確になってきています。
アイテムのセレクトの打合せなども順調に進んでおりますので、皆様にお伝えできる日を楽しみに準備を進めて参ります。

是非これからも萬屋本店の展開を楽しみにしていてください。

0930神戸視察_9796

0930神戸視察_60

0930神戸視察_6725

0930神戸視察_4021

萬屋本店のホームページがオープン

2015.10.01 Category:

こんにちは、宮腰です。
本日萬屋本店のホームページがオープンいたしました。

http://yorozuya-kamakura.jp/

2016年5月のグランドオープンを目指す中、

創業200年の商家 萬屋本店がどのように生まれ変わるのか、
どのような人たちがどのような思いで関わっているのか、
萬屋本店でしか表現できないことは何か

このようなことが表現できるホームページであってほしいと願っています。
そのことに応えられるよう、少しずつですが育っていくページでもありたいと思っています。
ご要望など反映していきたいと思っていますので、
ぜひ、お声かけいただけましたら幸いです。

最後に、HPの制作に際し
こちらの要望にタイムリーに気持ちよく答え続けてくれた制作会社の方々、
一文字一文字に魂を込めて文章を書いてくださったライターの方、
インタビューに協力してくださった方々、
関係者の皆様に感謝申し上げます。
萬屋本店が次代へ繋げていける場所になれるよう、
これからも努めてまいります。

今後ともどうぞよろしくお願いします。

2015年10月1日
代表 宮腰真里

img_01