現代の建築では考えられない太さの梁と柱を持ち、築90年の経年変化された門構えは、
これまでの歴史の重さを感じさせる。
一歩中に入るとタイムスリップしたかのように、非日常へのエスケープを。