「何のために結婚式をあげ、誰の為に結婚式をするのか」という問いは、
二人の結婚という人生の節目を改めて考え、見つめ直すキッカケとなった。
「大好きな人の為に、最高の1日にしよう。 でも明日からの毎日も今日に負けないくらい楽しい日々にしよう。」と誓った日。
縁がある方々との結びつきをより深くした、かけがえのない時間。

挨拶の儀が家族との大切な時間になると確信していた二人。
「今まで育ててくれてありがとう。これからもどうぞよろしくお願い致します。」
という言葉は、けじめと感謝を込めて親御様へしっかりと届けられた。

日本古来の結婚式
三三九度、誓詞、家族固めの儀、三礼の儀。
父の先導で母に手をひかれて歩く愛娘へ
32年間の愛情を綴った母からの手紙が司会を通して贈られた。

これから歩む人生を、かけがいのない大切な方々の前で誓う。
結婚というものの重さ、厳かさ、そして温かさを噛み締めた婚儀。

結婚式の進行で特にこだわった「俥夫の先導」による入場
会場中に響き渡る婚礼口上に込めた「夫婦となる決意と感謝」には
今日という日を迎えられた歓びと想いを込めて。
ゲストからの余興などはやらずに「二人の言葉で感謝を伝えることを大切にしたい」
と決めていた二人。乾杯後は二人自らがゲストを紹介し、賑わいあるひと時に。

扉が開いた瞬間に飛び込んできたみんなの顔を見て、胸がいっぱいになった。
みんなが楽しそうにしてくれている姿に、心からの幸せを感じ、
これから先の人生で、この方々を大切にしていこうと心に誓った。
私たちの人生を、より強く、より豊かにしてくれた記憶。

全て手作業で織り上げた歴史ある織物の中でも最高峰の唐織の色打掛。
上品で暖かな印象を醸すこの色打掛に、 春美さんの成人式に贈られた幸せな想いが詰まった振袖を合わせた真心のこもっ たコーディネート。
夢であった純白のウェディングドレスは 幾重にも重ねた気品あるレースと透明感あるチュール素材の上品な一着。

会場装飾はゲストにとって自宅に招かれたような、居心地の良い空間にしたいと 願い柔らかな色合いで統一。
こだわったウェルカム装飾は、春美さんのイメージを耕二さんが仕上げ、完成。

撮影中も互いを想う気持ちが溢れ、自然と見つめ合う二人。

完成した写真アルバムの結びにお二人が選んだ言葉。

「最も必要な時に、最も必要な人と出逢った“you complete me”そう思える唯一の人」

感動したこと...
日本古来の結婚式である祝言。古き良き日本の、家と家を結び、人と人を結び、結婚の証とする伝統ある結婚式の形で、
三三九度や誓詞、家族固めの儀を行い、御列席頂いた皆様に誓い証人になって頂く挙式はそれぞれに意味があり、
厳粛な雰囲気の中行われた挙式は感動的でした。また、挨拶の儀では両親に改めて“今まで育ててくれてありがとう”と
感謝の気持ちを伝えられ、人生の節目の日となりました。

印象に残っているシーン...
俥夫の先導による入場とお色直し後の入場。俥夫の先導での入場は緊張をしていましたが、
ドレスでの入場は、とてもリラックスできて、すごく楽しかったです。
どちらの入場もゲストからの祝福に包まれながらの入場となり、最高に幸せな瞬間でした。
またお互いのゲストを紹介し合うゲスト紹介では、お互いがお互いのゲストのことを知ることができ、
会場全体に笑顔が溢れ、一体となる喜びを感じました。

萬屋本店へのメッセージ....
何となく式場を探していた私たち。今まで見学に行った式場はありきたりなもので、ピンとくる会場はありませんでした。
最後にここだけ見に行ってみようと伺ったのが萬屋本店。
プランナーの水間さんと出会い、結婚式に対する意識をがらっと変えていただき、
何か物足りないと感じていた私たちに大切な事を気づかせてくれました。
何のために結婚式を挙げるのか、誰のために挙げるのか。ここじゃなかったら何となく形だけ整えて行ったであろう結婚式が、
人生の節目となる意義ある最高の1日とする事ができたのは、萬屋本店のスタッフと出会えたからと、心から感謝しています。

お二人に初めてお会いした際、春美さまの芯のある強さと女性らしい優しい雰囲気に、
一目見てお似合いになりそうだと感じたのが、春美さまにお選び頂いた唐織の草木染めの色打掛でした。
この色打掛は色とりどりの天然の植物を染料にし染める方法を用い、全て手作業で織り上がるのに長い年月を要する作り手の想いがこもった花嫁衣装です。
四季の移ろいが美しい鎌倉、お二人が人生の節目の日を過ごす場所に選ばれた萬屋本店での花嫁衣裳として。
そして、これからも200年の歴史のある萬屋本店のように皆様に愛され、お二人にも長い年月を共に歩んで頂きたいと思いご提案させて頂きました。
その色打掛に春美さまが大切にされていた振袖を合わせ、 愛らしくも気品溢れるコーディネートとなりました。
お二人にお衣裳をお任せ頂けたことが何より私の財産です。お二人に感謝を込めて。

担当コンシェルジェ

家族想いでご両親の事をとても大切にされていた春美さん
「春ちゃんが幸せだと思える結婚式を叶えたい」と、これまでの人生を話して下さった耕二さん
お二人の「人生の節目を作る日」を尊敬する春美さんのご両親の結婚40周年の記念日と同じ日とし、
準備を進めて下さいました。 伝えたい想い、幸せな姿を見せたい人、感謝を届けたい人が明確であったお二人。
結婚式当日も愛情溢れる、想い溢れる空気が流れていました。
お二人の人を想う色んな形の愛情に、私たちスタッフも幸せを沢山いただいた日。

10年後も今の気持ちを忘れずに、 お二人の人生の節目の場所として、また帰ってきてください。