二人が結婚式で大切にしたかったこと。
それは「こんな衣装を着たい。こんな装飾をしたい。」という事以上に
「私たちの為に、来てくれるゲストや両親が喜んでくれる結婚式をしたい。」というシンプルな想い。
田舎のおばあちゃん家に帰ったような懐かしく、居心地のよい場所で
大切なゲストをお招きし、もてなしをする。
そして、夫婦として歩んでいくと覚悟を持った節目の日に。

花嫁衣裳を身に纏い、両親へ感謝の想いを伝える挨拶の儀。
多くを語らずとも、その特別な空気感に胸が熱くなり
「嫁ぐ」という自覚が宿った節目の時間。

お母様に手を引かれた入場。あんなに大きな存在だった母がいつの間にか肩を並べて
歩けることに気づく。今日の日まで大切に育ててもらった感謝と、これからも元気でいて欲しい。
そんな想いが自然と湧き上がってくる。

厳かに誓いを立てる。その厳粛な雰囲気は参列頂いた方々の心に贈られ、
二人の夫婦としての結びつきをより強くした式となった。

俥夫の口上に始まり、色鮮やかな色打掛にお召替えされ艶やかな迫力ある入場。
入場した瞬間の盛大な拍手と、みんなの笑顔に「ただただ嬉しい!ありがとう!」 という想いが溢れた 開宴となった。
お酒好きなゲストに樽酒をふるまい、「神つく」という縁起を担ぎ、ゲストの頭を獅子舞が噛みつく演出を取り入れ、
お正月に親戚一同で大いに笑い、楽しんだような和やかな時間となった。

二人が信頼している方々に見届けてもらい、送り出されたからこそ
夫婦としてお互いの人生を背負う覚悟と絆が生まれた祝宴。

二人がコーディネートの軸としたのは、萬屋本店の大正浪漫の雰囲気との調和。
会場装花には日本の伝統色であり二人の好きな色の紫をポイントに。

なめらかな緞子地(どんすじ)を織り成した格調高い白無垢・匠の技が
生きる一幅の絵画のように総絵羽(そうえば)で表現された最高級の色打掛。
なめらかで上品な質感とボディラインに沿うシルエットが女性らしいウェディングドレスは
優子さんの透明感と美しさをより際立たせるデザイン。

受け継がれてきた伝統やしきたりを繋ぎ、これからは二人で家族を作り守っていく。
二人の未来を紡ぐ日。

感動したこと...
結婚式の準備を進める中で、関わってくださる皆さんが想いを共有されていることに感動しました。
良いものを作っていく上で、一番大事で一番難しいことだと思います。
全員が萬屋本店の社員さんだと思う位、温度感が同じだったので、私たちも安心してお任せさせていただくことが出来ました。

印象に残っているシーン...
祝言での三々九度・三礼の儀がとても印象に残っています。
三礼の儀の最中には「お嫁に行くんだな」と心の中で改めて感じ涙が出ました。
また、鏡開きのシーンは爽快でした。和装だからこそしっくりくるものですし、
参列者の方々も沢山白雪を飲んでくれていたので、良い思い出シーンとなりました。 

萬屋本店へのメッセージ....
萬屋本店及び萬屋本店パートナースタッフの皆様、素敵な結婚式のお手伝いをいただきましたこと、
改めて御礼申し上げます。式後に「温かくて二人らしい式だったね」と、
参列してくれた方々から感想をもらい、私たちも嬉しく思っております。
また、おもてなしの理念が萬屋本店という会社を越えて浸透していることに、驚きと感動を覚えました。
これからも幸せのお手伝いのプロ集団としてご活躍されることを願っております。
素晴らしい日をありがとうございました。

お二人に初めてお会いしたのは、衣装合わせでした。
フィッティングカーテンが開いた瞬間、白くスラリとした優子さんの姿に、ただただ綺麗の言葉しか出ませんでした。

優子さんがこだわって選んだのは背中が大きく開いたドレス。
凛としている中にも可愛らしさをもつ優子さんにピッタリなドレスを、より素敵に着て頂きたいという想いから、
ドレスに合わせ背中のラインとフェイシャルのお手入れを中心にさせて頂きました。
とても仕事が忙しい時期もあり、目元のくまが気になるんです!という悩みに答えたく、
集中してお手入れをさせて頂いた事で少しずつ改善され、喜んで頂けました。
お式当日は自信に満ち溢れ、ゲストの方々から「綺麗」と、たくさんの笑顔に包まれて幸せが溢れていました。
一緒に衣装、小物選びをさせて頂けたこと、ボディメイクに通って頂けたこと、
人生の節目に携わらせて頂けたことに、心から感謝の気持ちでいっぱいです。

お二人が共に歩む人生が素晴らしい道であり、これからの日々が笑顔と幸せで満ち溢れることを祈っております。

担当コンシェルジェ

惣一さんが40歳・優子さんが30歳を迎える人生の節目と結婚の時を同時に迎え、
とても大切にされていると感じました。
その為、私から、「孔子いわく、人は三十にして立ち、四十にして迷わなくなる。」
という言葉をお贈りさせて頂きました。
一緒にコンセプトを考え、【而立と覚悟の日】とし、準備を進めて参りました。
ゲストの皆様の事を強く強く考え、想うお二人だからこそ、ゲストからの目線でどうかを常に考え、
優子さんの忘れられない一日になっているか?結婚式という節目の日にふさわしい内容になっているか?
そんな一日は迎えられているか?を基準に関わらせて頂きました。

結婚式当日は皆様が満面の笑顔で楽しんで下さり、一体感あるご披露宴であったこと。
お二人のご家族にとっても、節目の一日を萬屋本店で過ごしてもらえたことに、本当に感謝しています。
ありがとうございました。