フェア予約

両家顔合わせの場を探していた際、偶然みつけた萬屋本店。礼儀礼節を重んじる環境で育ち、
日本人らしい結婚式を。と考えていた二人にとって、祝言という結婚式のカタチは二人が求めていたものでした。
運命の一着とも言える色打掛を土間に飾りお客様をお出迎えし、こころからのもてなしをする。
二人らしさを表現するこだわりの品々は、この場に集った大切な方々の縁をより尊いものとした節目の日。

結婚式当日とは違ったタキシードと振袖の組み合わせは、
萬屋本店のインスタグラムを見てどうしても撮影したいとご要望いただいたもの。
二人のこだわりが細部まで詰まった前撮りは、ゆっくりと過ごした二人の大切な世界観。

古くから大切に受け継がれているもの、歴史のあるものが好きなお二人にとって、
日本古来から受け継がれている挙式「祝言」は、二人が考える結婚式のイメージそのもの。
「礼に始まり礼で結ぶ」ということを大切にされてきたお二人とご家族にとって、
思い出深い時間となった「挨拶の儀」と「三礼の儀」 人と人を結び、家と家を繋ぐ、誓いの時。

披露宴からはガラッと雰囲気を変え、一目惚れをした色打掛と、俥夫の先導による艶やかな入場で開宴。
お父様から贈られた三味線の演奏は親が子を想う音色が心に響き、会場がひとつになった忘れられないシーンに。
大切な方々が一同に介して「あったかい輪」となるようにと望んだ祝宴では、ゲストおひとりおひとりを紹介し、
大切な方同士のご縁も紡いでいく。大樹さんが大好きなウイスキーをふるまいおもてなしをする。
二人の人柄が表れ、縁をより深くした祝宴となりました。

結婚式を挙げるに際し、お二人が一番に感謝を伝えたかったのは「家族」
大樹さんがお父様と肩を組み並んで歩くことを楽しみにしていた中座。
お母様と腕を組んで再入場し、これまでの感謝の想いを伝えました。
結婚式の準備に際し、サポートし続けてくれた舞子さんのご両親。
たくさんの感謝があるからこそ、親離れ子離れの区切りと、これから二人で歩む決意を込めた引き渡しの儀。

「挙式は白無垢で慎ましく」と望んだ花嫁衣装は、松竹梅の文様に鶴柄の柄行が美しい新婦お父様がお選び頂いた1着。
一幅の絵画のように総絵羽で表現した最高級の逸品である色打掛は、袖を通した瞬間に全員一致で出会った運命の一着。
会場装飾は大樹さんのお名前に寄せて、色付いた葉を纏った枝たちを伸びやかに装飾しました。
ゲストのお待合室に飾った、お二人のこだわりのアイテムの数々もモダンクラシカルなスタイルに。

結婚式当日だからこそ撮れる写真。当日だから残せる笑顔。そんなシーンを数多く残した撮影。
人生や生き方を教えてくださった方々の影響を受けた、こだわりの品物の数々や、衣装、装花。
その全てが調和した、結婚式当日。
お二人もご家族も、ゲストみんなが笑顔になり、涙し、一体感が生まれた日。
「どんな瞬間も撮り逃さないように」と、その日しか残せないシーンを記録に残しました。

感動したこと...
≪祝言≫
結婚式を挙げるなら「日本人らしい、自分達らしい結婚式を」という思いが強くありました。
祝言とは人と人、家と家を結ぶ日本人が大切に受け継いできた伝統ある儀式と言う事を知り、
私達が考える結婚式のありかたにぴったりだと感じ、実際に挙式を挙げられた事に感銘を受けました。
母のお手引きで父の背中を見ながらの入場は「お嫁に行くんだな」と言う実感が湧きとても感慨深く、
今までの感謝の気持ちを込めながら一歩一歩歩いた記憶があります。

印象に残っているシーン...
≪披露宴での父の余興≫
私が生まれる前から三味線を弾いていた父。萬屋本店で結婚式をすると決めた時から、
「歴史ある和の雰囲気の中で父に三味線を弾いてもらえたら素敵だな」と強く思い、自ら父にお願いしました。
幼い頃から聞き慣れていましたが、自分のために弾いてくれた事は今までなかったので間近にいる父の緊張感も伝わり、
身の引き締まる思いでした。ゲストの方も父の演奏に聞き入って下さり、忘れられないシーンとなりました。
後に一生懸命練習していたと母から聞き、ありがとうと言う感謝の気持ちでいっぱいです。

萬屋本店へのメッセージ....
≪萬屋本店が第二の故郷になりました!≫
趣のある外観と暖簾をくぐった瞬間の懐かしくて温もりのある雰囲気、
スタッフの方々の萬屋本店を思う熱い気持ちに魅了され、「ここで結婚式をしたい!」と他を見る間もなく即決でした。
小さい物にまで一つ一つ拘りを持ち、伝統を大切にされている場所で結婚式を挙げる事ができ、大変嬉しく思っています。
担当の樋口さんをはじめスタッフの方々全員が一丸となって支えて下さったおかげで、
「本当に素敵な式だった」「今までに見た事のない式で感動した」とゲストの方も喜んで下さり、
最高の人生の節目を迎える事ができました。本当にありがとうございました。

おふたりとのお打合せでは、どのシーンにも“感謝の気持ち”が溢れていて、その想いをお花に託し伝えて差し上げたいと思いました。 花言葉に“感謝”を持つ白いダリアと“深い尊敬”を持つ白バラは親御様への花束に。 ずっと成長を見守って下さった祖父母様へのサプライズ花束には同じ“感謝”の意味を持つ「トルコギキョウ」を。 会場装花には、お二人のお好きな花や誕生花・プロポーズ日のお花・大樹さんのお名前にちなんだ枝物など。 ご縁ある花々を合わせこれからの皆様の実り多き人生を願って、お手伝いをさせて頂きました。おふたりが大切に選ばれたお花たちはお招きされた皆様の人生のお花にもなるという事。そんな想いで携わらせていただいたお花がいつまでも心に響いていますと幸いです。

担当コンシェルジェ

ご両家の顔合わせ、打合せ期間中のフェアにも毎回親御様と共にいらしてくださっていた大樹さんと舞子さん。結婚式の準備の時間も大切な親孝行の時間であり、親御様へ感謝を伝えることができることを改めて教えてくださったおふたり。ご家族との絆を深め、夫婦としてのけじめの時間として、再入場や中座を親御様とご一緒に、舞子さんの祖父母様への花束贈呈をご提案をさせていただきました。ゲストの皆様への感謝とおもてなしの想いを細部にまで込められていたお二人でしたので、ウェルカムスーペースの装飾や、披露宴中のお飲み物のラインナップ等、さりげないおもてなしとして表現しました。大切な方々からに沢山の愛情に感謝をし、ご夫婦の節目として大切に準備を進めてこられました。これからも親御様や大切な皆様とご一緒に、幸せで暖かい毎日を過ごされること、私たちスタッフも心より応援しております。

  1. 鎌倉の結婚式場・和婚ウェディングは【萬屋本店】
  2. 感動レポート
  3. 國井様